忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 人魚姫/マーメイド 口コミランキング

積極的な守備で完封に貢献の宇津木「自分を出し惜しみしたくない」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

積極的な守備で完封に貢献の宇津木「自分を出し惜しみしたくない」

積極的な守備で完封に貢献の宇津木「自分を出し惜しみしたくない」 

 W杯初戦のスイス戦で先発した宇津木瑠美(上段左から2人目)[写真]=FIFA via Getty Image

  FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第1節が9日に行なわれ、なでしこジャパンはスイス女子代表と対戦し1-0で勝利。初戦を制し、連覇へ向けて白星発進となった。
 
  試合後、記者団の取材に応じたフランスのモンペリエに所属するなでしこMF宇津木瑠美は、この日見せた勢いの強い縦パスについて聞かれると、「人工芝ということもあって、速くて強いパスじゃないと」と、芝への対応を語ると、「私はアクセントというか、スパイス的な要素となるようなパスを心がけています」と明かした。
 
  また、積極的に当たりに行っていた守備について問われた宇津木は、「日本は2対1のように数的優位を作る守備のやり方をしますが、1対1が強くなればもっといい」とした上で、「海外でプレーする選手が、1対1で対応できる先がけになれたらと思います」と、海外での経験を活かしてけん引することを誓うと、「サイドバックの持ち場を離れて当たりに行ったのは、自分を出し惜しみしたくないから。それに、プレーエリアを広げたいという意識も持っていますので」と、その積極性も説明した。
 
  なでしこジャパンは、13日にグループステージ第2節で、カメルーン女子代表と対戦する。
 
 


 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R